キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い

話題になってるサイトやキュレーションだけとは限らず、キーワードを散らしつつ、原稿を書いて欲しい…と言うのは、数年前から結構あった話(特にオウンドメディアやホワイトペーパー系)。

但し単価が安く(全体のコストの中で、ライターが一番下と言う意味不明な構図)、ボリュームでトータルそれなりの…的な話が多かった。結果(渋々)、需要と供給のバランスが取れてしまい、ライティングする人も多かったと思う。

これで質が良く、ユーザーのためになるサイトが増えることを望みたい。が、それにはコストがかかり、儲からないので、大手はやらないのでは(笑)いずれにしても、真面目に書くのが一番!

Share...Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Tweet about this on Twitter