Asynchronous Javascriptプラグインを有効にするとsrc=undefinedを追加するBUG修正

Asynchronous Javascript
Asynchronous Javascriptプラグインを有効にすると、何も変更せず非同期になり便利なのだが、src=undefinedという存在しないjsファイルが追加され、読み込みで404エラーになっている。気持ち悪いのでhead.load.min.jsを修正。

実際にエラーになっているのはhead.load.min.js中のd.insertBefore(c, d.lastChild)の部分。コードを見ると、前にあるc.src = a.urlがundefinedで、そのまま値が渡りエラーの原因になっている。

これを阻止するには、onload手前でa.urlをチェックして、nullなら何もしない…というのを追加すればいい。以下該当箇所とコード。

if (a.url == null) return; // 追加コード
c.onload = c.onreadystatechange = function (a) {

コードが圧縮されているので分かり難いかも知れないが、検索すれば一箇所しかないので、その手前にifを入れればOK。これでスッキリ♪(笑)

Share...Share on Facebook6Share on Google+0Pin on Pinterest0Tweet about this on Twitter