Google、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で

Google、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で
朝日新聞デジタルにこんな記事が載っていた。実はこのBLOG、SEOの実験的なことも試しており、1.5K pv/月程度(2017年3月現在)の弱小サイトでどの程度、検索に上がるか?各記事でチェックしている。すると意外にも…。

メインのワードがあって、それに関連する「きっと知りたいだろうな」的なワードを重ねる内容を書くと、少なくとも1ページ目、運が良ければトップになる。

例えば「nuans neo 15047」、「nuans neo reloaded 映像出力」、「wordpress api node.js mongodb」、「wordpress php 7.1.1」、「nutube ポタアン 回路図」…など。

つまり、NuAns NEOでIP Build 15047が動くのか?新型のReloadedにType-Cがあるけど映像出力はできるのか?WordPressのREST APIとNode.js、MongoDBを使って何かしてみたい、WordPressをPHP 7.1.1で動かすと!?、Nutubeでポタアン作ってみたい…と言ったニーズに合う内容で記事を書けば(=適切な記事)、ご覧の通り。

特に興味深いのは、NuAns NEO Reloaded。発表された日の18時(が解禁)に一斉に大手も掲載したが、見た限りどこもType-Cの映像出力には触れてなかったので、この結果となった。

メインのワード1つ2つでは大手に勝てないものの、この戦法ならネタさえあれば勝負できる。ある意味、今回のアルゴリズム変更は、弱小サイトにもチャンスが与えられることになる。

ただ最大の問題は、ここまでワードを重ねて検索する人の母数が少ないこと、そしてせっかく検索から来て頂いても、所詮個人が書いてるので、それに関連する記事がほぼ無く、直帰率が異様に高いこと。

とは言え、このBLOGへの集客は70%強が検索からなので、地道に書くしかなさそうだ(笑)

Share...Share on Facebook26Share on Google+0Pin on Pinterest0Tweet about this on Twitter