Android互換のデスクトップ環境がわさわさ登場!?

少し前からあったRemix OSに加え、先日発表されたSamsung DeX、そしてこのPhoenix OSと、ここのところAndroid互換のデスクトップ環境で賑わっている。

Samsung DeXは、Galaxy S8/S8+に搭載。ドックを使ってディスプレイやHIDデバイスを接続可能と、Windows 10 MobileのContinuumにそっくり。

Samsung Dex
Samsung Dex

Remix OSとPhoenix OSは結構前からあり、今回Phoenix OSはベースがAndroid 7.1となった。デスクトップ化したAndroid互換環境の使い易さはRemix OSで実証済み。しかも現時点で全てマルチウィンドウ対応だ。

Remix OS
Remix OS

対してWindows 10 MobileのContinuumは、RS3までマルチウィンドウはお預け(の予定)で、フルスクリーンのみだとUI的に見劣りする。

Continuum
Windows 10 MobileのContinuum

いずれにしても圧倒的なAndroidアプリの数を考えると、もはやContinuumは厳しい状況。しかも現在OS自体が32bit版のみ(RS3で64bit版を予定)と、システム的にも出遅れだ。

iOSもmacOSがあるので出すか出さないかは別問題で、プロトタイプは既に作っていると思われる。

昨今PC離れ=Windows離れと言われているが、これからはスマホからみのデスクトップ環境が面白そうだ。さて、一年後以降はどうなる!?

Share...Share on Facebook8Share on Google+0Pin on Pinterest0Tweet about this on Twitter