Windows 10 Creators Update提供開始!

Update Assistant 1画面目
Windows Update経由は4月11日から順次(ローリングアウト)であるが、「Update Assistant」を使うと今日、4月6日(日本時間)未明からアップグレード可能になったので、早速非IPなPCへインストール!

Windows 10のダウンロード
ここで「今すぐアップデート」を選択

「Windows 10 アップグレードアシスタント」を実行すると、環境のチェックの後、[今すぐ更新]で更新がはじまる。

UpdateAssistant 2画面目
完了した割合が100%になると再起動

Bashは、Ubuntu 14系のままだったが、一旦CMD(管理者)からlxrun /uninstall /fullでアンインストールして、再度bashコマンドを実行すると、Ubuntu 16系となる。

Bash / Ubuntu 16系
Bashの再インストールでUbuntu 16系へ

これからはRS3のフェーズになるため、IPのレベルをしばらく下げて運用しないとシステムが不安定になる可能性があるので要注意!

追記1:Parallels Desktop 10 for Macは一回目の再起動でVMがエラーで停止。12へアップデートか…と思っていたところ、Parallels Desktop 12 for Macでもダメとのこと。10は古いので仕方ないとしても、12でも更新待ちとは(11は不明)。

追記2:Parallels Desktop 12の対応Update出ました!

Share...Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Tweet about this on Twitter