Mastodon、ネットからProfileを見た時にUnlistedが一覧に出てしまう問題の修正方法

mastodon unlisted bugMastodonにはPublic、Unlisted、Private、Direct…と、4つの公開オプションがあるのだが、何故かUnlistedにしても、ネットからProfileをアクセス(インスタンスURL/@ユーザーID)すると、Toot一覧に出てしまう問題がある。仕様かBUGかは不明だが気持ち悪いので修正したい。方法は…。

Mastodon本体はRuby on Railsで書かれており、昔やったな…と思いながらコードを探すと、controllersのaccounts_controller.rbに

を発見。どうやらmodelsのpermitted_for()でデータを取得しているようだ。該当箇所は、status.rbのここ。

account.nil?つまり非ログイン時、privateとdirectだけ除外している。ここへunlistedを加え、

こうすればいい(外に何も出したくない時は:publicも加えればいい)。

ただDockerからシステムを剥がして運用している場合は修正するだけでいいのだが、docker-compose up -dで起動している場合は、一旦downして再度buildしないとこの修正が反映されない。

docker-compose downするのはちょっと嫌なので(笑)、直接コンテナの中を触ることにする。

ログインする名前を探す(ここではmastodon_web_1)。

$ docker exec -it mastodon_web_1 ash

でログインできるので、該当コードを修正(viが使える)。

$ docker-compose stop
$ docker-compose start

これでコードが反映される。既にMyインスタンスは修正済だ。

余談になるが、Privateで写真を添付した場合でも、写真のURLが分かればネットから抜けてしまう(大昔のmixiもそうだった)。

真面目に対応するのは結構面倒で且つDBに負荷がかかるので(画像を表示する度に相手との関係を調べる必要があるのと、URLではアクセスできないPATHへ画像を置き、表示する時はリダイレクトしなければならない)、Mastodonが対応するのは望み薄だろう。

追記:この件、どうやら意図的らしいので、pullリクしても駄目な雰囲気。各インスタンスで個別対応だろうか!?

Share...Share on Facebook36Share on Google+0Pin on Pinterest0Tweet about this on Twitter